黒酢は産地で変わる?

黒酢は産地や製法によってはその中身の効果や効能や味や風味は大きく変わってくるのです。黒酢は日本で作られていますが、もともとは江戸時代の後期に中国から伝わったものなのです。日本では黒酢と呼べるものにはきちんとした基準を設けていて、その基準は1リットル当たり180g以上の原料を使用することと、原料になる米は白米ではなくて、麹部分が付いていることなど、この基準を満たさなければそれを謳うことは出来なのです。

したがって中国のものは原材料や製法などが異なるために香酢と別の名前で呼ばれていて、正確には異なるものとして区別されているものなのです。もちろんどちらも健康には良いもので、クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれていて、健康維持や健康促進に他にも美容効果やダイエット効果など様々な効果が両方にはあるのですが、正確には産地によって全く異なるものになるのです。

もちろん産地が同じでもそれを作る製法が異なればかなりの違いが出てくるのです。実際に短い時間で作られたものと長い時間をかけて作られたものにはアミノ酸の含有量が比較にならないくらい異なるので、品質においてもかなりの違いがあることになるのです。