住宅ローン金利の期間選択型固定金利とは?

住宅ローン金利の期間選択型固定金利とは、選択した一定期間は金利が変更されずに固定期間が終了した後に、その時の住宅ローン金利から新しく選択した金利で返済を行う商品です。
固定期間の年数は金融機関により異なり1年、2年、3年、5年、10年、15年、20年等が一般的です。
平成18年度については新規貸し出しの住宅ローン金利の三分の二程度を占め一番の人気商品でしたが、現在は大分減っており、変動金利が中心になっています。
期間選択型固定金利のメリットはそこそこの低い金利で一定期間は金利が上がらないことでしたが、現実的に変動金利の利率が一向に上がる気配さえ見えない状況下では、変動金利が多くなるのが当たり前かもしれません。
楽天銀行フラット35金利は安い?メリット研究!【おすすめの理由は?】